もう、あれから 二週間がたってしまいましたが
懐かしの学びの家
KAHALELEHUAに帰り
また、大切なフラのエッセンスを教えていただいてきました。
 
今回は総勢12名の大所帯で
カリフォルニアのマイレ、ククイ、それから私たちイリマクラスの混合で
国際色豊かで、楽しいセッションになりました☆
 
実は、ウニキがとっても大変だったので
もう、さすがに大丈夫だろうと!
ただただ楽しみでカハレに向かったのですが、いやはややっぱり修行は修行
楽しくも厳しい毎日に、またフラの何かを学んだ気がします
 
今回の目的はチャンティングの時に身にまとう キヘイ
と呼ばれる ローブをククイの実から作る染料で染め、それにまつわる
フラとチャンティングを学び、神様の前でキヘイを受け取る儀式をするというものでした。
 
お天気のいい晴れた日に、みんなでククイを拾いに!
 
 
イメージ 1
 
夜明けまで下準備を・・・
それにしてもカリフォルニアガールズのパワーのすごいこと!
永遠に終わらないかとも思わされるものすごい量のククイを
どんどんどんどん 処理しながら おしゃべりして大笑いして
本当に!太陽みたいに明るくて素敵でした
I wish they all could be california girl ♪
の唄が何度も頭を流れました☆

イメージ 2

 
それから。眠ったのか何だか分からないうちに朝がやってきて
フラをして、チャンティングして、それから染めて
 
睡眠のリズムやご飯のリズムがよくわからない中で
時間の流れがず~っと流れていて(当たり前なんですが・・)
一日だかなんだかが長かったはずなのに
あっという間に最終日になって
 
いよいよ明日は染めたキヘイを身に着ける日
 
 
最終日の朝はキノラウ(ラカの祭壇に供えるラカの化身の植物たち)
を探しにお散歩へ
 
大きなロエアの背中に女子12人・・・
皆それぞれいろんな思いをもってこの場にいて
今回初めて会った私たち、日本人もアメリカ人もハワイ人も皆仲良しになって
フラというそれぞれのライフワークを通してお互いに学びあってる
なんか幸せ

イメージ 3

 
それから、いつものようにお家のお掃除
皆がお家をきれいにするものだから空気がどんどん変わっていく
ラカの祭壇もきれいにされ
ラカの化身がまつられる
 
私たちもお清めされて
大切なキヘイを受け取る儀式が始まって
その時初めてかけたキヘイの重みにとっても厳粛な気持ちになりました。
 
ロエアに受け継がれてきたフラ
今は亡き先生方の写真がラカのクアフの上に飾られていて
いつも、温かいマナを放っている
その、先生たちからの贈り物
繋がっている
一度もお会いしたことはないし、直接教わったこともない
だけれど、この偉大な先生たちの教えはロエアの中に生きていて
私もまたそれを受け取っている
そういう安心感と幸福感と重みが心地よく体にしみて
本当にありがたい思いになりました。
やっぱり
フラは生きている
私もその中で生きて行こう!
 
思いを新たに今回の旅は終わり。

イメージ 4

 帰国前日にはフラシスのお友達の案内で
ハレマウマウへ ペレにご挨拶を
あいにくの曇りのお天気でしたが
ハレマウマウの中心に確かに燃える赤い炎が
雲の中で幻想的に揺らめいて
ペレが雲に守られて穏やかに眠っているようでした
本当に穏やかで美しくて良い溜息でました
 
皆で アロハ エ カ ラー を となえて
上を見上げると 大きな大きな月輪
 
ありがたいギフトを頂いたようで幸せになり
 
その後のお食事も久々の御酒も美味しく
最後のハワイの夜は更けたのでした☆